家飲みなら圧倒的にハイボールが安くておすすめ!コスパ最強の美味しい作り方も教えます!

みなさんこんにちは! もけです。

 

もっぱらビールを専門にしてたぼくですが、最近ハマりだしたのが…

 

そう!ハイボール!

 

ハイボール、美味しい上に糖質なんかも抑えられるし、とにかく安い!

ということで今日はハイボールをひたすらお勧めしていくよ!

ハイボールの美味しい飲み方(作り方)

獣神サンダー・ライガーさんというプロレスラーの方のハイボールの作り方が、一番ぼくが好きな割合と近くて、しかも画像付きだったので引用させていただきます。

個人的にはレモン無くても美味しいんですが、爽やかな味になるのでウィスキーの味に慣れていない方はそちらの方がおすすめです。

あと氷ですね。出来れば市販の氷であった方が美味しいですね。溶けにくいので薄くなりません。

そして、ウィスキーを投入します。


ここは微調整可能なので、調整してください。とりあえず薄めに作っておけば良いと思います。濃くするのは簡単ですからね。

レモンは個人の好みで良いと思いますが、大切なのはたくさんの氷を入れること!

ハイボールはキンキンに冷えてるのが一番ですね。というかぬるいと美味しくないです(笑)

あとは炭酸水を注いで出来上がりですね。

これも強炭酸を、なるべく炭酸が抜けないように静かに入れるのがポイントです。

他の飲み方としては、有名なコークハイがやはりおすすめです。

その場合、ウィスキーの量を少し多めにすると良いですね。コーラの香りが強いので、ウィスキーの風味がめけてしまいますから。

ハイボールはコスパ最強!とにかく安い!

★2ケースで送料無料!★アサヒ スーパードライ350ml 24本入  【2018グルメ大賞受賞】(国産ビール部門)製造年月日の新しい商品を出荷してます。

created by Rinker
¥4,941 (2019/10/20 20:45:07時点 楽天市場調べ-詳細)

この350ml缶で大体200円ですね。

一方のハイボール。どのウィスキーを買うかによって値段は当然変わりますが、一番オーソドックスなこちらで考えてみましょう。

 

他にもブラックニッカクリアなんかでもいいですね。どちらもハイボール向きの商品です。

こちらの値段が1100円です。ハイボール一杯に使う量が大体30mlなので、大体35杯分。

一杯当たりの値段にすると、30円ちょっとの計算になります。

 

一番おすすめなウィルキンソンの炭酸水でも、一本当たり80円(2018.1時点)という安さ!

しかも500ml入ってこれですから、一杯当たりにするともう少し安くなりますね。

補足ですが、ハイボールは炭酸が命なので1Lとかの炭酸水はあまりおすすめしません。

飲み切れるならいいんですが、日を置くと炭酸弱くなっちゃって美味しくなくなります。

普通に買うと1本100円くらいする上に飲料で重いので、ぼくはネットで買い置きしてます。

 

これら合わせると一杯当たりなんと100円程度で飲むことが出来るハイボール!

コスパ最強と言っても差し支えないでしょう。

ウィスキー選びで迷ったあなたに

「多少値段が張っても、美味しいハイボールが飲みたい!」というあなたへ。

ぼくが今ハマっているウィスキーがこちら。

 

スーパーニッカです!

値段は2200円と先ほどのウィスキーに比べたら高いですが、それでも一杯あたりで換算してビールと同じくらいですから、十分安いですね。

以前北海道旅行に行ったときに観光で行ったニッカウィスキーでハイボールを試飲したときに初めて飲み、それからハマってます。

これね、とにかく美味しいんですよ!

もうね、注いだ瞬間からいい匂いが広がってくるし、ハイボールとの相性も良くて、正直これの後に普通のハイボール飲めないかもってレベルです。

 

ニッカということで安酒のイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、スーパーニッカ、とくにハイボールという飲み方に限定すると、かなり完成度高いと思います。

ぜひ飲んでいただきたいですね。

 

まとめ

以上、ハイボールにドはまりしてるもけがお送りしました。

おつまみは、同じく最近ハマってるツナ缶ですね。

1缶1200円の超高級ツナ缶「鮪とろ」が美味しそう!

先週の金曜日でテレビで取り上げられたそうなので、結構有名なのかな?

興味があったらぜひご覧ください。

 

ということで、ハイボールのオススメの記事でした。

寒い日にあったかくした部屋でキンキンに冷えたハイボールを飲みながら、お鍋をつつく生活。

働きたくなくなりますね。ずっとそんな生活がしたいもけでした(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。