Simplicity2からSANGOにテーマを変更!ワードプレス初心者は有料テーマで始めるべき理由とは

みなさんこんにちは。もけです。

この度、WordPressのテーマをsimplicity2(無料テーマ)からSANGO(有料テーマ)に変更しました。

この記事ではテーマを変えようと思った理由と変えた感想、そして初心者が有料テーマで始めるべき理由をお伝えします。

※変えた1週間後くらいに、Simplicityの後継テーマ「Cocoon(コクーン)」が発表されました。パッと見でも分かるほど無料とは思えない素晴らしいテーマなので、こちらを使うのも普通におすすめです。

Simplicity2からSANGOに変更した理由

Simplicityに不満はなし!強いて言えば凝りたくなった!

無料テーマとはいえ、Simplicity2は非常に充実したテーマでした。

ただよくも悪くも非常にシンプルなんですね。

Simplicity時代のぼくのトップページがこちら。

右の方は現在のSANGOの設定なので少し変になっていますが、かなり簡素ですよね。

SimplicityでもHTMLやCSSの知識がある方ならカスタマイズ次第でいくらでもお洒落に出来そうなものなんですが、如何せんぼくはド素人なのでそれは難しい。

 

そもそもこのブログは雑記ブログな上に、ド素人のぼくが与えられる情報や価値は正直少ないです。文才もとくにありません。となると、やっぱりお洒落なデザインで誤魔化したい!という気持ちが湧いてくるんですよね。

そこで思い切って有料テーマを買ってみました。基準はお洒落でカスタマイズがしやすいこと

選ばれたのはSANGOでした

SANGOに変更して、いろいろなカスタマイズ(とは言ってもコピペだけです)をした結果が現在です。

カスタマイズはSANGOの製作者であるサルワカさんのブログや、マサオカブログさんの記事を参考にさせて頂きました。どちらも非常に分かりやすい上に「FTPソフト利用してるオレかっけぇ!」状態にしてくれる素晴らしいカスタマイズでした。

うまく行かないこともあって時間がかかりましたが、総カスタマイズ時間は2時間ほど。ド素人が2時間でこんな感じのブログが作れるってすごくないですか? これぞ有料テーマの魅力ですね!

初心者目線で思う、SANGOに変えて良かったこと

デザインに続いて良かったのは、ショートコードや簡単に文章が非常に充実していることですね。

見出しもボタンもいっぱいあります。

AddQuicktagというプラグインと併用することで、1クリックで見出しや吹き出しを作れるんですね。これによってブログの表現の幅がものすごく広がりました。

もけ

こんな吹き出しも一瞬で作れるし!

こういう蛍光ペンで線を引くのも一瞬で出来ますからね!

初心者に有料テーマを勧める理由とは

初心者は有料テーマを最初から使うべきか、無料テーマで十分なのかというのはいろいろな人の間で分かれる難しい問題です。本当にひとによって千差万別ですね

その上で、ぼくは初心者には有料テーマを強く勧めたいと思います。

理由としてはふたつ。①ブログを書く際の選択肢が非常に増えること②有料テーマを購入すること自体がブログを続けるモチベーションになること

①ブログを書く際の選択肢が増えること

先ほども述べたように、有料テーマは本当に色々な機能が充実しています。

蛍光ペンを引いたり文字色を簡単に変えたりラベルを付けたり……etc

こういう機能はぼくがブログ始めたてのころは当然ありませんでした。(文字色はデフォルトのはありましたけどね)

無くても全然問題ないよって方もいると思います。ただぼくは、昔の記事を見返したときにめっちゃリライトしたくなるんですよね。最初から有料テーマにしておけばここは吹き出しを使えたなー、ここの枠はもっと綺麗に出来たなーと思ってしまうんですよね。

ブログを始めて8か月経ちます。ぼくはそんなに記事を書いている方ではないと思いますが、それでも70記事近くあります。

これらを有料テーマを存分に活用してリライトするととんでもない時間がかかります。

有料テーマにしておけば最初から存分に活用できた!とは言いませんが、記事を重ねていくうちにちょっとずつ使えるようになっていくので、リライトも適宜行うことが出来たと思うんですよ。

少なくとも収益化を考えているひとに対しては、有料テーマで良いと思うんですよね。ぼくが使っているSANGOは10,800円ですが、グーグルアドセンスを貼るだけで簡単に回収できると思います。真面目に書くひとに限定されますが。

そして、真面目に書くということのモチベーションに有料テーマがなりうるということです。

②有料テーマの購入がブログ更新のモチベーションになる

先ほどの項で簡単に回収できる…と言ってみましたけど、最初らへんは全然稼げません。一部の才能があることを除いて、ふつうのひとなら最低でも収益がまともに発生するまで3か月はかかると思います。

そのときに何がモチベーションになったかというと、ぼくの場合はWordpressのサーバー代なんですよ。

xサーバーで始めたので、初期費用含めて半年で1万円。これを回収するまでは絶対にやめられない、そう思って書き続けました。

結果としては現在サーバー代以上は稼げていますし、これからも伸びていくと思います(半分願望)。 それに、ある意味でその1万円があったからこそ飽き性のぼくでも8か月間もブログを更新し続けられたんだと思います。

関連記事 > 暇な大学生の僕が「途中で挫折した」趣味一覧を紹介します

それにWordpressで始めるという選択肢をとった以上、投資という概念を理解されてると思うんですよね。はてなブログやほかの無料ブログを選ばなかった時点で、サーバー代は将来への投資だと思って支払ったと思うんです。

そう考えると、有料テーマも将来への投資として十分に価値あるものですよね。1万円が2万円に増えると回収は2倍大変ですが、逆に言えば2倍の間頑張ることが出来るモチベーションになると思うんですよ。

それにいざ収益化がうまく行くようになる段階に行くと、有料テーマで最初から書いてきたというのは大きなメリットになると思います。リライトも簡単になるし、カスタマイズもそれ一本なので自分の気に入ったものになると思います。

それにある意味で、ブログのテーマの移行っていうのはかなり割の悪い作業ですよね。その時間を使って記事を書いたりリライトする方がはるかに有益だと思います。

このような理由から、ぼくは最初から有料テーマにするべきだと思います。

それに有名な有料テーマであれば、プロアフィリエイターやブロガーの方も利用されてることが多いので、そういう人たちが助けてくれたり、新しいカスタマイズを提供してくれることも多いです。ぼくのような素人の初心者にとっては、そういうのもめちゃくちゃありがたく感じますね。

まとめ

もちろん、無料テーマで始めるのを否定するわけではありません。

もけ

無料で始められるのがブログのいいところだしね!

Cocoonのように無料でも素晴らしいサポートがついているテーマもありますし、十分お洒落なデザインにすることも出来ることでしょう。それに、シンプルなデザインが好きという方はそれで充分というパターンもあるでしょう。

ただ、ぼくのように追い込まれないと本気になれないような人や、凝り性で物足りなくなってしまいそうな方は最初から有料テーマで始めることを強くおすすめします。

もっとも見た目だけに拘って記事を書かないようではいけませんが、形から入るというのもまた大きなモチベーションになるのも事実です。

本気でやれば1万円くらいすぐに回収できるのがブログのいいところなので、真剣な方はぜひ有料テーマで始めることをお勧めします。もっとも本気でやる(やり続ける)ことが一番難しいですけどね(笑)

以上もけでした。ありがとうございました!