日本酒初心者はこれ買っとけ!安くてうまいおすすめ日本酒【5選】

寒い日に温泉につかり、温まった体で新鮮なお刺身と熱燗を一本。いやぁ…最高ですね!

今日は「日本酒を飲んでみたいけど、何を買ったらいいか分からない」という日本酒初心者の方に向けて、これ買っとけば間違いないという、ぼくのおすすめの日本酒を紹介したいと思います。

それでは紹介していきますね。

関連記事 > 珍しい日本酒が届くサービス「saketaku(サケタク)」がプレゼントにおすすめ!

獺祭(だっさい) 大吟醸

近年、圧倒的な人気を誇るのがこちらの獺祭(だっさい)です

この名前を耳にしたことある方は多いと思います。お店での高級なイメージとは裏腹にこちらの純米大吟醸は1.8Lも入って値段は3000円ほどと、かなりリーズナブルなお酒ですね。

味も美味しいですが、獺祭は香りがとても良いです。辛口ですが、香りもよく総合的にはかなり飲みやすいです。特に、甘い日本酒が苦手な男性の方におすすめしたいですね。とても美味しく飲めると思います。

またこの獺祭に限った話ではありませんが、飲み放題で出てくるような安い日本酒との一番の違いは香りにあります。味というのは個人の好みもありますしひとくくりにして評価するのは難しいですが、香りは誰でも分かるほどの違いがあります。

「お酒の匂いがするから嫌だ」という方がたまにおられますが、良い日本酒はとてもフルーティーな香りがします。本当にいい匂いです。

他にも4つ紹介するつもりですが、特にこだわりがなく、美味しい日本酒を味わってみたい!という方にはこの獺祭を強くオススメいたします。

この獺祭は大吟醸(玄米から50%以上削ったお米を使用)ですが、獺祭「磨き」と呼ばれる玄米の70%以上を削って作られる、お米の本当に美味しいところだけを使ったお酒もあります。もちろん値段が高くなりますけど、美味しいですよ!

これらをどっちも頼んで、比較してみるのも楽しいかもしれませんね(笑)

久保田千寿 吟醸

獺祭に並んで非常に有名な、久保田の千寿吟醸です。先ほどの獺祭は山口県の旭酒造という酒蔵で製造されていますが、こちらの久保田は朝日酒造という新潟の酒蔵発のお酒です。あさひ被りです(笑)

獺祭と比べてこちらはかなり辛口で、獺祭がエビスビールならこちらはアサヒスーパードライです。淡麗の辛口で、甘いのが苦手という方にはとてもおすすめできます。

もちろん香りも良いですが、こちらはとにかく料理に合う印象ですね。チビチビ飲むというよりも美味しい料理をほおばったあと、久保田でギュっと締める感じです。とても美味しいし、めちゃくちゃ気持ちよく酔えます。

お値段は獺祭より少し安い程度ですが、Amazonなら送料分安く買えてかなりお得です。

菊姫山廃純米

こちらもとても有名なお酒「菊姫」です。石川県で製造されているお酒です。

こちらのお酒は辛口に分類されますが、辛口というよりは旨口という表現の方が近いくらい、とにかくしっかりとした味があります。

とにかく癖がないので、鍋なんかと一緒に食べるのがとても良いのではないでしょうか。かつて1人用の小さい鍋をつつきながらこたつで温めた菊姫をチビチビ飲んでベロベロに潰れた思い出があります。このお酒、とにかく味が濃くて口触りが濃厚です。

お値段は3500円程度とこれらの中で一番高いですが、熟成や濃厚な日本酒を飲みたいという方にはとてもおすすめですね。

天狗舞山廃仕込純米酒

こちらは逆にクセがある日本酒の代表格、天狗舞です。

もちろんクセがあるというのはいい意味ですね。この日本酒、非常に個性があって、味は優しく後味もスッキリしつつも独特な美味しさが口の中に広がるというもの。

個人的には、とにかくハマる人はハマるという印象です。一度買ってみたところ、大体のひとはうーん?といった感じだったんですが、友人のひとりがとても気に入ってほぼ全てを飲んでしまいました(笑)

少し冒険(といっても普通に美味しいです)したい方や、値段もお安いので手軽に楽しみたい方にはとてもオススメできるように思えます。

松竹梅白壁蔵 澪 スパークリング清酒

ご存知の方も多いかもしれませんが、こちらの澪、名前の通りスパークリングの日本酒です。「いやいや、日本酒と炭酸は合わないでしょ」と思われるかもしれませんが、よく考えたら大体のお酒って炭酸と混ぜるんですよね。ウィスキーや焼酎からリキュールまで全部そうですし、合わないほうがおかしいんです(笑)

こちらは度数が5%で、とても飲みやすく作られています。

日本酒の独特の風味をなるべく落とさずにチューハイやリキュールのように飲みやすくするのはとても難しく、開発陣の努力が伺えます。

味はとにかく美味しい。飲みやすいし、とにかく普通に美味しい。ジュース的な美味しさです。それでいて日本酒の風味というか、香りのよいところだけをとっているので、日本酒入門としては最適なんじゃないでしょうか。

まとめ

ご覧いただきありがとうございました。

個人的には1番ハズれがなく、万人受けするのは最初に述べたようにこちらの獺祭ですね。

人気も知名度もありますし、複数人が集まるような場では一番盛り上がること間違いなしです。

関連記事 > 1缶1200円の超高級ツナ缶「鮪とろ」が美味しい件

また、どうしても安くて美味しいお酒を選ぶとメジャーなものばかりになってしまうので、「もうすこし珍しい日本酒を飲んでみたい」「いろいろな日本酒を試してみたい」という方には「saketaku」というサービスをおすすめします。

おすすめ記事 > 珍しい日本酒が届くサービス「saketaku(サケタク)」がプレゼントにおすすめ!

日本全国から厳選した地酒を毎月送ってくれるサービスで、今とても注目されています。

 

プレゼントにもとてもおすすめなので、興味ある方はぜひご覧になってください。以上もけでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。