暇な大学生の僕が「途中で挫折した」趣味一覧を紹介します

皆さんこんばんは。もけです。

毎日が夏休み状態です。もっとも本当の夏休みも半分近く過ぎてしまい、いろいろと憂鬱になっております。

特に今はバイトもしていないので、めちゃくちゃ暇なわけです。

美容院で髪を銀色(銀髪)に染める際の注意点とポイントをまとめてみた(シルバーアッシュ)

原因は今髪を染めているから、それだけです(笑)

というわけで、暇な大学生な僕がその有り余った暇をどう過ごすか考えるなかで、趣味にしようと思ったはいいが挫折してしまった趣味一覧を紹介します。

お酒

始めた理由

大学生と言えば皆さん、何を想像しますか? 就職、バイト、麻雀、タバコ…etc。

いいえ、違います。お酒です。

「今日も呑みー、うぇーい」とか「めっちゃ酒呑んだわー呑んだわー」みたいな大学生になって酒の味を覚えた新入生のツイートをしばしば見る季節でもあります。

そんな彼らに例外なく、僕ね、プロフィールにも書いていると思うんですけどお酒めっちゃ好きなんですよ。そんな強いわけじゃないけど、身体のこと考えなきゃ毎日でも飲みたいくらいには愛してるんですよ。基本的にビールばっかり飲んでたんですけど、カクテルに興味は前からあって

しかもコレ、めちゃくちゃ女子ウケよくね?って思って

これ趣味にしてみよっかなーと思って、

買ってみました。カクテルシェイカー。

やってみて

最初は、HUBなんかで飲める「タランチュラ」ってお酒作ってみたり、自分なりにいろいろリキュールとか混ぜてオリジナルドリンク(笑)とか作ってみたりとか、安い赤ワインなんかを買って果物漬けたりしてサングリア作ってみたり、いろいろ楽しめましたが…。

やめてしまった理由はふたつあって、ひとつはお酒がめちゃくちゃ種類必要なことで、単純にリキュールとかだけでもいっぱい種類ありますし、それを買うお金もそうですが冷蔵庫をかなり圧迫してしまうのが嫌でした。

あと、別に僕が友達がいないわけではないんですが、1人で飲み切るのは結構難しいのもあって結局バーなんかで頼んだ方が安上がりだったりするのかとも思いました。

ふたつめは洗い物が多いことです。僕はよくビールを飲むんですけど、缶ビールって飲んで飲み終わったら捨てるだけでいいじゃないですか。でも、カクテルシェイカー使ったら洗い物が、グラス、カクテルシェイカー、かき混ぜる棒、分量はかるやつを洗わなければいけないんですね。

しかもリキュールとかは大体糖分滅茶苦茶多いので、ガチめに洗わなきゃだめなのでかなり面倒くさいです。僕には無理でした。

こんな人におすすめ

友達多くてよく家で宅飲みしたり、掃除が苦じゃないというマメな人は向いてるかと思います。あとは、女子ウケのいい趣味を求めている人。単純にお酒の知識増えますし、「今度作ってあげるからうち遊びにおいでよ」なんていえば、自宅に呼ぶことに加えてお酒を確定で飲めますからグッと距離詰められたりするんじゃないですかね。

篠笛

始めた理由

最初に「お酒」とかいういかにも大学生っぽい趣味あげたあとになんですが、篠笛です。

もともと楽器をほとんどやったことがなかったんですけど、何か音で表現する媒体が欲しいと思ってたんです。(分かりますかね?) メロディーとか自分で奏でたい、みたいな?

それでたまたまamazon見てたら篠笛があって、というか篠笛めっちゃ安いんですよ。

1500円いかないんですよ!?

ということで買ってみました。

やってみて

当初の目標はバジリスクの「甲賀忍法帖」のイントロを吹くことでした。

篠笛って3オクターブくらいうまい人なら出せるみたいなんですけど、うち2オクターブ分の指の配置が一緒なんですよ。どう高いドと低いドを同じ抑え方で出すかというと、息の吹き方で変えるんですよ。

これが滅茶苦茶難しくて、「リズム感をおなかの中において来ちゃったのかな~」って小学校の頃音楽の先生に言われた僕には厳しかったです。先生、アンタのせいだよ。

あとはやはり騒音関連の問題ですね。音が高いので響きますし、木造住宅の僕は思うように練習できない日々が続いたりしてしんどかったです。

こんな人におすすめ

とりあえず、管楽器とかやってた方なら上手に出来るのではないでしょうか。プラスチックの筒一つからあれほどの音が出るのは結構面白いですよ。初期投資もかなり低いと思いますし、河原で吹くぶんにはいいんじゃないでしょうか。

あと高いドの無い曲を吹きたい人はサクッと吹けるようになるのでオススメ。

youtubeをみる

始めた理由

僕(1994年生まれ)らが中学生くらいの時にニコニコ動画がめっちゃ流行ってたんですね。それ思い出して、久しぶりに見ようかなと。今と違ってまだ世間にyoutuberっていう単語が普及する前くらいから見ていたので暦は結構長いんじゃないかと。

あとはお金がかかりませんし、時間を選ばないのはyoutubeのいいところですね。

やってみて

やっぱり暇つぶしという意味では最強に近いツールなんじゃないですかね。やめたとは書きましたが今でもそこそこ見ますし。

特に現在では数多くのyoutuberと呼ばれる人たちがほぼ毎日大量の動画を上げてくれるので、ある程度気に入った人たちがいたら毎日退屈しないですね。

でもyoutube鑑賞、無駄な時間を過ごしているという感覚がすごいんですよね。何かを得ているという感覚が殆どなくて、それこそ「時間つぶし」としてうまく付き合える人でないと大やけどしそうだなと思いました。

ブログを始める前くらいまでかなり見ていたので、今となってはこちらの方が得られるものが大きいかなと思っています。現に時間が過ぎる速度がブログを始めてからの方が遅く感じていますしね。

こんな人におすすめ

生活の軸があって、「時間つぶし」として使える人にはいいんじゃないでしょうか。僕みたいに常に暇という人はそれ以上に有益に使えるはずの時間まで奪われてしまうので、見すぎるのはおすすめしません。

小説を書く

始めた理由

これはブログを始めた理由にも共通するんですけど、今の自分を何かに残しておきたいという気持ちが強かったんですよね。

この前中学生の頃の写真を見ようと思って両親に言ったら、「あんた、写真に撮られるの嫌がって全然撮らせてくれなかったから少ないよ」って言われまして、実際見ると確かにかなり少なくて。

あの頃はクソガキでイキってたなーって思いますw 当時は「記録より記憶の方が大事だろ?」とか言ってましたが、やっぱり記憶は薄れゆくもの。形あるもので何かしら残しておきたいものですよね。

そこでもともと文章を書くのが好きなこともあって、小説でも書いてみようかなと。内容は少しミステリーめいた青春文学。当時やっていたバイトの空き時間を利用していろいろ書いていました(笑)

やってみて

構想練ったり、キャラクターの原型を固めている間は楽しかったですね。

しかしいざ書き始めると、これがなかなか難しい。これほど継続性が必要な趣味はほかにないなと言えるくらいには、難しい。ある程度時間を置いちゃうと書いてる当時と感覚が変わっちゃってるので、設定や、序文なんかをリライトしちゃったりして本当に進まないし、かといって一気に書くような集中力もなくて断念しました。

ただ、文章力の向上という意味ではとてもいい趣味だと思いましたね。くだけた文章や地の文だったり、いろいろな異なる文章を違和感なくまとめ上げるのはかなり良い練習になると思います。

こんな人におすすめ

やはりコツコツと何かひとつのことを続けていられる人。それにつきます。

あとは変わっていると言われる人の方が面白い文章を書きますね。一時期いろいろなブログなどをめぐって小説を読んでいると、作者が透けてくるような作品はたいてい面白かったりしますね。

まとめ

趣味って聞かれてすんなり答えられる人って意外に少ないと思うんですよね。

ずっと継続することって相当好きじゃないとやっぱり難しいな、と。そういう意味ではまだこのブログは始めてから一か月たたないですけど、このペースでいいなら続けられそうでひとまずは安心です。(有料だからって気もするけど)

これらの趣味、挫折こそしましたけど物自体は残っているし、また何かしらのタイミングで再挑戦してみたいですね。お酒は本当に女子受けがいいので自分的には一番先にモノにしたいなと思ってます(笑)

何かいい趣味あったらどなたか教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。