すぐ手に入る!二日酔いに効く飲み物や薬まとめ!

みなさんこんにちは。

二日酔いって辛いですよね。実はぼくも二日酔いが重いタイプで、深酒をしたら翌日昼過ぎまで動けないようなことが多々あります。そして毎回、検索するんですね。

「二日酔い 治し方」と。

でも、どのサイトも書いてあるのは飲む前のことばかり…

でもそんな堅実な人はそもそも二日酔いにならないんじゃないか…?

ということで今回は二日酔いになってしまったに出来ることをまとめてみました!

何が何でも水分補給

これからいろいろな飲み物や薬を紹介していきますが、最も大事なことは急速な水分補給です。「今は何も口に入れたくない…」と思われるかもしれませんが、水分は摂りすぎることはありません。とにかくいっぱい水分を取りましょう。

ポカリスウェット

疑問の余地もないでしょうが、最も水分補給に適したドリンクです。似たようなスポーツドリンクでも水よりは水分補給にはいいでしょうが、やはりベストはポカリ。死ぬほど辛いときには多少の値段の高低は気にしてられないと思うので、ポカリスウェットをがぶ飲みしましょう(笑)

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインが有効…とのことですが、二日酔いの最中に優雅にコーヒーブレイク出来る方は特段何もしなくても、そもそも大丈夫な気がします(笑) 強いて言うなら、同様に二日酔い改善の効果のあるはちみつと一緒に飲んでみるのがいいかと思います。ですが、特にこだわりがないならポカリスウェットを飲むことを勧めます。

味噌汁

飲み物かは怪しいですが、お味噌汁です。一番良いのはしじみのお味噌汁ですが、味噌自体にアルコールを排出する効果があるので普通のお味噌汁でも水分補給の効果も合わせて二日酔いに効果があります。

ポカリスウェットを飲みつつお味噌汁を飲んだ後、後述する薬を飲むのがベストだと思われます。

二日酔いに効く薬

ハイチオールC

 

もともとは美容、美白用の薬ですが、この薬に含まれるLシステインという成分が二日酔いの原因となるアセトアルデヒドという物質の分解を助けてくれるため、二日酔いに効果があります。しかも、ほかの二日酔いの対策の薬とはメカニズムが違うので併用が可能ということがメリットとしてあげられます。

後述するヘパリーゼもそうですが、これらの薬は薬局でしか手に入らないので前もって家に備蓄しておくことが大事です

ヘパリーゼ

ご存知、ヘパリーゼです。ドリンクタイプと錠剤タイプがありますが、どちらも効果はあります。しかしドリンクタイプに関して、注意して頂きたいのはコンビニで売っているヘパリーゼドリンクは「清涼飲料水」なので、薬局に売っている「第三種医薬品」であるヘパリーゼドリンクに比べて効能が大きく落ちる、ということです。

コンビニでは原則薬品を販売出来ないことからこのようになっています。もちろんコンビニの方でも効果はあると思いますが、出来れば薬局の方をお勧めいたします。

そのほかに出来ること、行動

熱いシャワーを浴びる

熱いシャワーを浴びることで、血行を促進することが出来ます。それによってアセトアルデヒドを分解する働きを活性化させることが出来ます。

水分補給をする前にシャワーを浴びると汗をかき、脱水症状が進行してしまうので注意。

とにかく体を休める

二日酔いのときには運動して、汗をかいて二日酔いを治せる!と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、それは誤りなので注意してください。

二日酔いするほど飲んだくれていたわけですから、体力も落ちています。しっかりと対策をとったうえで休んだり、楽な体制でおとなしくしておくことがもっとも大事なことです。

まとめ

ぼくもよく二日酔いについて調べて、いろいろなサイト見たんですけど、毎回「きゅうりの擦り汁」とか「」とか書かれてるんですね。いや、二日酔いでしんどいのにこんなんどーやって手に入れるんだよ。って

ですので、今回は近くの薬局やコンビニで手に入ったり、あるいは現実的な行動に絞って書きました。そんなこんなでシンプルにした結果、今回の記事はポカリ飲んで味噌汁飲んでシャワー浴びて寝ろ!って一文でまとめられちゃうくらいになりました。

やっぱり一番たいせつなのは、二日酔いになる前に予防することですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。