埼玉旅行の帰り道には川越小江戸と氷川神社に寄ろう!

みなさんこんにちは。もけです。

埼玉県の大宮にあるお風呂cafe utataneに行った帰りに、埼玉県の川越市にある川越氷川神社に行ってまいりました。

関連記事 > お風呂cafe「utatane」はハンモックで昼寝もできる最高のカフェだった

東京の方のひとはドライブなんかで埼玉県に行くことも多いんじゃないかと思います。

ただ、寄り道する場所ってなくて暇を持て余した経験、ありませんか?

個人的にはアウトレットとかもおすすめなんですが、当たり前ですが土日はめちゃくちゃ混むんですよね。さすがに駐車場に入るだけで1時間待ちとかは厳しくないですか?

そこでおすすめなのが、今回紹介する川越小江戸とその近くにある氷川神社です。

川越小江戸とは

文章で説明するよりも、画像を見て頂いたほうが分かりやすいと思います。

小江戸(こえど)とは「江戸のように栄えた町」「江戸を感じさせる町」といった意味合いで使われる言葉です。ご覧のようにかなり古めかしい時代を感じる建物が連なっています。

 

駅前からこんな感じの街並みがずっと広がっていて、とても綺麗です。

中央通りという大きい通りがメインストリートとなっていて、その周りにはお店がいっぱいあります。

もちろんそのアベニューだけではなく、こういう道の脇に入っても、歴史を感じさせる街並みは健在です。

 

お洒落な雑貨屋さんが多くて寄り道も捗ります。

土日でも人気はそこまでないので、落ち着いた空間を楽しむことが出来ます。

こんな感じのオシャレな喫茶店もあります。

食べ歩きもできるよ

道に面した露天が非常に多く、食べ歩きが出来ます。

売っているものはお団子とか焼き鳥がメインで、ビールを持ちながら飲み歩ける雰囲気です。

そしてなんといっても小江戸と言えば、こちらです!

そう、コエドビールです。

いわゆる地ビールの一種で、毬花、瑠璃、白、加羅、漆黒、紅赤という色の名前を冠するビールがあります。ぼくはまだ白しか飲んだことがないんですが、いずれ制覇してみたいですね。

4月中旬に行ったら鯉のぼりが綺麗だった

ぼくが行った4月中旬には、鯉のぼりがすごい数掲げられていました。

天気もよかったので、本当に圧巻の一言。

めちゃくちゃ綺麗でした。鯉のぼりなんて久しぶりに見ましたが、子どもが出来たらあげてみたいですね。

川越氷川神社とは

川越氷川神社は、縁結びの神社としてとても有名な神社で、隣接する氷川会館では結婚式を埼玉県内で唯一あげられる場所としても有名です。

いわゆる「デートスポット」なので、非常にカップルで来られている方が多いですね。

たまに女性一人とかで来られている方もいますが…詮索するのはよしましょうね。

あい鯛みくじ

ぼくが行った4月中旬は、鯉にちなんだ「あい鯛みくじ」というものをやっていました。

おみくじが入った鯛を釣るという、非常にユニークなおみくじで楽しむことが出来ました。

色は赤とピンクがあり、グッズとしても飾れるくらいの出来の良さです。

夏は縁結びの風鈴も

夏の季節は縁結びの風鈴が一面に並び、非常に「インスタ映え」な景色が訪れます。

この風鈴の下にお願いごとを書くと叶うと言われており、最もカップルが集う季節でもあります。

ちなみに小江戸では浴衣を借りれるサービスがあるので、浴衣デートを楽しむこともできます。とてもおすすめです!

所要時間は?

本川越駅から、小江戸を通って徒歩で24分ほどで到着します。

30分弱とはいえ、小江戸を観光しながら行けるので特別遠いってことはないと思います。

ぼくも実際歩いてみましたが、かなりちょうどよい距離感だと思います。

小江戸で時間をどれだけ時間を使うかにもよりますが、合計で2.3時間は余裕で過ごせますね。

まとめ

埼玉県からの帰り道、どうやって過ごそうかと考えている方は、ぜひ一回は小江戸に足を運んでいただきたいですね。

とくに春や初夏などはイベントも数多く開催されているので、かなり楽しめることと思います。

以上もけでした。ありがとうございました。

関連記事 > レンタカーの約半額で借りられるカーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」が最高すぎた