レンタカーの約半額で借りられるカーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」が最高すぎたので感想!

みなさまこんにちは。

この度草津温泉に旅行へ行く機会があり、こちらのアプリ、Anyca(エニカ)を利用しました。

関連記事 > 全室に露天風呂!草津温泉「季の庭」に泊まってきたので感想!

今日は、実際にエニカを使った理由からその費用、利用までの流れと感想をレポートしていきます。

簡単に説明しておくと、AnycaはDeNAが提供する個人間カーシェアアプリです。車を貸す人は同じ一般人のため、安い価格で借りられることが多いです。詳しくは公式サイトで!

2018年現在アプリ登録の際に招待コードを入力すると2500円引きのクーポンがもらえるキャンペーンを行っています。ぼくの招待コードは[moke0828]です。もちろん誰のでも良いのですが、入力しないと恩恵は何もないので、招待コードを入力した方がよいですね!

エニカの費用は相場の半額!

こちらの関連記事にもあるように、ぼくの目的地は草津温泉。となると、3月とはいえ場所が場所ですからスタッドレスタイヤは必要になってきます。

レンタカーとスタッドレスタイヤを装備している普通車を、1泊2日で借りるための費用を比較してみると分かりやすいと思います。

某大手愛知系レンタカーの場合
  • 基本料金 7,000 + 6,000=13,000
  • スタッドレス料金 2,000*2=4,000
  • 保険料 1,000*2=2,000

これらを合わせると、計19,000円になります。さすがに結構かかりますね。

続いては、格安レンタカーについて調べてみます。

某笑顔系レンタカーの場合
  • 基本料金 8,600 + 2,000(ナビ) = 10,600
  • スタッドレス料金 2,000
  • 保険料 1,000*2=2,000

これらを合わせると、計14,600円になります。安くはなったものの、確実に車やサービスの面では大手レンタカーに劣ると言わざるを得ないでしょう。

では次に、実際にぼくが利用したAnycaの料金はこちらです。

Anycaの場合
  • 基本料金 2,400+1,400=3,800
  • スタッドレス料金 0 (デフォルトのため)
  • 保険料 1,800*2=3,600
  • 契約料  100

これらを合わせると、計7,500円です。

もけ

圧倒的に安いな……。

それだけではありません。ぼくもコードを入れたので2,500円分のクーポンをもらえていたため、それを使うと実際に払ったのはわずか5,000円!

お判りでしょうか。Anycaを利用すると車の料金を半額近くに抑えることが出来るんです!

まとめ
レンタカーの半額近くの値段で車を借りることが出来るよ!

安いだけでなく、「ちゃんとした」車を借りられる

Anycaの魅力は安い、ただそれだけではありませんでした。

ぼくが最初に候補にしてた格安レンタカーは、借りたとしても状態は悪いものが多いです。もちろん、だから格安で借りられるわけなんですが、カーナビが付属品だったり、車内が臭かったり、ものすごい距離を走ってる車だったりして、正直そこまで快適ではないと思います。

しかし、今回借りた車はハイブリッドカーで燃費は20キロ近くありましたし、室内も非常に綺麗でした。さらには、オーナーさんの好意でiphoneとアンドロイドの充電器まで貸してくれるというサービスまでついてきました。

大手のレンタカーと遜色ないレベルといってもいいと思います。

また、Anycaの特色として非常に融通が利きやすいというところがあります。

基本的にオーナーさんと1:1でやりとりをすることになるので、到着時間などの融通をしてくれる場合が多々あると思います。予想外の渋滞やトラブルで予定時間に遅れた場合でも、きちんと連絡すれば延長料金などをとられることはほとんどないはずです。

そもそも保険も1日単位で加入(必須で詳しくは後述)なので、数時間程度なら大丈夫でしょう。

まとめ
大手レンタカーと遜色ないレベルで綺麗。時間も融通がきくよ!

実際のやりとりから借りるまで

詳しい流れは公式サイトが分かりやすく説明しているので、そちらをご覧になってください。

公式サイト> Anyca(エニカ)について

予約までの流れ

基本的には、次の手順を踏みます。

  1. 日にちと借りたい場所(地域)を選ぶ。その条件に当てはまる車の中で気に入ったものを選ぶ。
  2. 予約をリクエスト。オーナーが許諾したら予約成立。
  3. クレジットカードで支払い完了。当日へ。

非常に簡単です。支払いはクレジットカードのみで、現金を支払うことがないためトラブルになりにくいメリットがあります。また、条件にあった車を探すことも容易です。

このように、かなり細かい条件で検索をかけることが出来ます。

例えばぼくはスタッドレスタイヤを利用したかったので、こちらにチェックを付けます。

場所を東京に指定し検索。そうすると、これらの条件を満たした車のみが出てきます。車種からオプション装備、禁煙や喫煙など、条件は多岐に渡ります。

当日の流れ

待ち合わせ場所はオーナーさんと連絡をとって決めることになります。アプリ内チャットがあるので必要以上の個人情報を晒す必要がないのは良いですね。

場所自体は借りる前の車のページに記述があるので確認していると思いますし、交渉次第では融通を利かせてくれることもあるかもしれません。

  1. お互いの免許証を確認し、それぞれのアプリで認証する。
  2. 車のキズを確認し、新たな傷があればアプリ内に記載。
  3. オーナーさんがそれを認証したら完了です。

当日の流れも一見めんどくさそうですが、10分あれば終わります。レンタカー屋さんで名前を書いてキズ確認して…とかやってるとふつうに20分くらいかかりますし、むしろ早いほうです。

ぼくは最寄り駅のとなりで借りたんですが、家からも徒歩圏内でとても楽でした。さらに言えば、今回はスタッドレスという条件があったから遠めだったんですが、その条件さえなければ徒歩5分で借りられる車も十台以上ありましたね。

今回は車を借りた後、駅で人を拾う必要があったのでオーナーさんも駅まで乗っけていきました。このオーナーさんは平日は電車で通勤しているとのことで、そのような方が多いのでしょう。途中軽く談笑して楽しかったです。

さて、このあとは一泊二日で草津温泉に旅行に行ってきまして、車を返すことになりました。

返却の流れ

返却予定時刻は21:00ですが、オーナーさんから連絡が来ました。

スムーズにいくと8時前に到着するようなので、その旨を連絡しました……がしかし、運悪く渋滞にハマってしまい、本来の時間とほぼ変わらなくなってしまいました。オーナーさん、すみません。

前もって教えてもらっていた近くのガソリンスタンドで給油し、9時には無事駐車場へ到着しました。

返却手続きはとても簡単でキズの確認のみでオーナーさんのみの作業になります。忘れ物がないかを確認して終了です。

まとめ
面倒な手続きもないし、オーナーさんによってはキズも大目に見てもらえるらしいよ

保険料について

保険料は1日につき、1800円がかかります。(複数人の場合は2700円)

結構高いですが、東京海上日動の1日保険なので対人も対物も無制限と安心できる内容です。車をぶつけた場合も300万円までですが、最大で10万円の負担で済むのでかなり安心ですね。

加入するしないは選べないですが、もともとの価格帯がかなり安いので保険料込みでも十分安く借りられると思います。

まとめ

もけ

半額近くでかなり良い車借りられて本当に満足!

最初はレンタカーを想定していたので、その半額近くに交通費をおさめることが出来たのは嬉しいですね。

ぼくみたいに安さを求めるひと以外にも、いろいろな面から需要があるみたいです。

例えば、高級車(ベンツやBMW)に乗ってみたい、高級車でデートしたい!という目的で借りられる方もいらっしゃるみたいです。専門店だと数万円コースですが、Anycaだと1万円程度で借りられるものもあるようです。

 

他の変わり種で言うと、キャンピングカーも借りられるんですね。

ぼくもこれはかなり気になっていて、今年の夏くらいに借りて複数人でキャンプとか行きたいなぁと構想しています。複数人寝れるほどのサイズのものは少ないですが、キャンプ場の宿泊施設とか合わせて利用すればかなり楽しめるんじゃないかな、と!

興味あるかたはこの条件で検索してみてください。あ、でもぼくと日程被らないようにお願いしますね!(笑)

ということで、カーシェアアプリAnyca(エニカ)の紹介でした。ホントのホントにおすすめなのでぜひ利用してみてくださいね! ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。